パン作りで食の大切さと健康を考えるブログ

ホシノ天然酵母と国産小麦のパン作りをとおして食の大切さと元気に生きる為の知恵。得得情報。など。

国内産小麦と天然酵母で作る全粒粉20%玉ねぎ入りのパン

全粒粉20%玉ねぎ入りのパン

f:id:tsunagiki:20200921185147j:plain

全粒粉粉砕、(皮の部分を割合大きく砕いてあります)

を20%と小麦粉で作ります。

一番の特徴は、エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使用している事

水は入らず、牛乳を使用しています。

そのため とても全粒粉とは思えないほどの柔らかさと、パン生地の引きが少なく

食べやすいです。(すぐにかみ切れます)

 

レシピ

国産小麦    400g

全粒粉砕    100g

塩        7.5g

オリーブオイル  100g

牛乳       160g

酵母生種      30g

玉ねぎみじん切り 100g

 


国内産小麦と天然酵母で作る全粒粉20%玉ねぎのパン

 

作り方

1. 玉ねぎ以外の物をボールに入れ、混ぜ合わせていく。

オイルが多いのでなかなか混ぜにくいが、気長に混ぜていく。

2. 生地がまとまったら、ボールから出して転がしていく。

べたついてやりずらいが、かまわず進める。

30分程転がし、生地のつながりを見て、玉ねぎを混ぜ込んでいく。

生地を切って細かくして混ぜていくと良い。

最終的にまとまらなくても、玉ねぎが均等に入ればそれで良い。

3. 容器に入れて捏ね上げ温度を計り、一次発酵させる。

26℃に設定して、12時間ほど置き、側面と上面の変化で一次発酵終了。

 

4. 生地を出して、3等分する。 軽く丸め、細長くして麺棒でのし、折りたたみ

16㎝程の長さの長方形にする。

 

5. 天板にのせて、最終発酵をする、30℃で50分~60分

クープを入れて、200℃で20分焼く。色を見て焼き上がり。

 

 

 

国産小麦と天然酵母で作る全粒粉100%にオレンジピールのパン

 


全粒粉について

全粒粉は小麦粉すべて(胚乳と皮)を挽いて用いる粉の事です。

普通の小麦粉より植物繊維が多く、鉄分、ビタミンB1も多い。

ミネラル分が多く、独特の風味が有る。

糖質もカロリーも小麦(胚乳だけの)よりも少ないです。

全粒粉100%にオレンジピールのパン

f:id:tsunagiki:20200918084125j:plain

パンのレシピ

国産全粒粉細粒  350g

国産全粒粉粉砕  150g

塩         7.5g

オレンジピール   250g

酵母生種      30g

水        260g

 

作り方


国産小麦と天然酵母で作る全粒粉100%とオレンジピールのパン

 

 

1. オレンジピール以外の物をボールに入れ、混ぜ合わせる。

生地が固まってきたら、外に出し転がしていく。(手ごねの場合)

2. 30分程転がし生地が繋がってきたら終了。(初めは少しやりずらいですが

構わず続けます)

4. 生地温度を計り、(生地温度が高い場合は、冷蔵庫で20℃近くまで冷やす)

一次発酵させます。20℃で16時間ほど。

5. 上面に変化が出てきたら終了。

6. 生地を3等分して軽く丸め、細長くして、麺棒でのす。

7. そこにオレンジピールを均等に載せ、生地を巻いていく。

8. 天板にのせ、最終発酵させる。30℃で60分

9. 生地を出し飾り粉をふりクープを入れる。

10. 220℃で20分程焼き色を見ながら焼く。

11. 焼き上がりです。

f:id:tsunagiki:20200918083146j:plain

 

 

国産小麦と天然酵母で作るレーズン・オレンジピール入りのパン

レーズン・オレンジピール入りのパン

 

レーズンに牛乳・自家製オレンジピール・とクルミを加えたパンを作ります。・

自家製オレンジピールの作り方。https://lepain830.com/orange-10

少し手間がかかりますが、オレンジピールを一度に作って置くと冷凍が出来とても便利です。

味は抜群に良いです。

パンに使用した時の、ほろ苦い柑橘類の味が何とも言えない旨味を醸しだします。

 

クルミの歯ごたえもインパクトになり、レーズンだけのパンとは一味違った物となっています。

 

レシピ

国産小麦    600g

塩         9g

ラニュー糖    36g

酵母生種      36g

牛乳       360g

水         40g

レーズン     120g

クルミ       60g

オレンジピール  120g

バター       60g

 

作り方


国産小麦と天然酵母でレーズン・オレンジピール入りのパンの作り方

 

1. クルミは150℃でローストして、小さく割っておく。

2. レーズンは煮沸して、きれいに洗い、水を切っておく。

3. オレンジピールは作って置く。

4. バター、クルミ、レーズン、オレンジピール

  以外の物をボールに入れて捏ねる。

5. 生地が繋がってきたら、バターを入れる。

6. バターが入り切り生地が奇麗になってきたら、

  ボールから生地を全部出 し、クルミ、レーズン、オレンジピール

  をボールに入れ、そこに生地を小さく切ったものを入れながら、

  混ぜていく。

  生地をほぼ全部入れ終わるころには、大体混ぜ合わさっています。

7. 容器に入れて、生地温度を計ります。

  28℃で12時間程一次発酵させます。

8. 上面が動いてきたら、生地を出し成形をします。

9. 500gを2個 100gを4個取ります。

10. 500gの方は、丸めて細長く伸し、食型に入れます。

11. 100gの方は、丸く丸めるものと

   丸めて細長く成形したものを2個ずつ作り天板にのせます。

12. 共に最終発酵を35℃80%の湿度で 小さい方は50分位、

  型の方は、90~100分位最終発酵をさせます。

13. 小さい方はクープを入れそこに、オレンジピール

  を少しのせます。塗り卵をして焼成です。180℃で15分~20分焼きます。

14. 食型の方は、塗り卵をして焼きます。180℃で40分程、

  焼き色を見て終了します。

国産小麦と天然酵母でオートミール・ミルク入りパンを作る方法

 オートミールについて

オートミールは、非常に栄養価の高い食品です。

植物繊維も鉄分も玄米より多く、また、整腸作用にも適しています。

オートミールは、熱を加えて有りますので、そのまますぐに食べられます。

パン作りに、使用する時も、そのままで使えるためとても便利です。

 

オートミール・ミルク入り

オートミールにミルクをたっぷりいれ、砂糖も入っているパンを作ります。

パンも柔らかく出来ますのでとても食べやすいです。

今回の量はワンローフ型食パン2個分です。

 

レシピ

国産小麦     500g

塩         7.5g

牛乳       225g

ラニュー糖    60g

オートミール    125g

酵母生種       30g

水         120g

 

作り方

1. 牛乳も水も冷蔵庫で冷たいままの物を使用。

2. すべての材料をボールに入れる。

    手ごねの場合は、まとまったら外に出し転がしていく。

    ニーダーの場合は、回していく。

3. 30分近く転がし、生地が繋がってきたら終了。

4. 生地温度を計り一次発酵させる。28℃で12時間。

5. 上面に変化が出てきたら、ケースより出して、

     分割成形をする。2分割して 食型2つに入れる。

6. 最終発酵を35℃で90分~100分行う。

7. 180℃で40分程焼く。

8. 焼き色を確認して窯から出す。出来上がり。

 

国産小麦と天然酵母でオートミール入りのパンの作り方

 

国産小麦と天然酵母オートミール入りのパンの作り方

f:id:tsunagiki:20200902141610j:plain

オートミールについて

オートミールはオーツ麦です。

植物繊維や、鉄分が玄米より多く含まれています。

G1値(食事後の血糖値の上昇)も低く、ゆっくりと吸収されます。

少量で満腹感が得られ、肥満防止にもなります。

健康的なオートミール入りのパンを作ってみましょう。

 

レシピ

国産小麦     450g

国産全粒粉細粒   50g

オートミール    125g

塩         7.5g

酵母生種      30g

水         330g

 

作り方

 




国産小麦と天然酵母で作るオートミールのパン

1. 材料をすべてボールに入れて

混ぜていく。

2. まとまってきたら、外に出して生地を転がしていく。

(ニーダーを使う場合は、回していく)

3. 30分程転がし 生地の表面が奇麗になり

生地が繋がりましたら終了。

4. 容器に入れて、捏ね上げの生地温度を計ります。

28℃以上の場合は冷蔵庫で下げて、28℃にする

5. 25℃の恒温器で12時間ほど一次発酵発酵させる。

上面に変化が出るまで。

6. 上面に変化が出たら一次発酵終了

容器から出して、2つに分割をする。

7. 分割した生地を軽く丸め、少し細長くして

麺棒で長方形にのし、食型に入れます。

8. 最終発酵を30℃で90分程かけます。

9. 生地が食型の淵くらいまで膨らみましたら

220℃35分程焼きます。

10. 焼き上がりです。

 

 

国産小麦と天然酵母でチャパッタを作る方法

 

国産小麦と天然酵母でチャパッタを作る

チャパッタはイタリアのパンで最近日本でも日常的に見かけるようになりました。

特徴として 作る時に生地にストレスを加えないので、小麦粉の味がしっかり残り

ます。

 

国産小麦で作ると、とても味の良いチャパッタが出来ます。

ご家庭で作るには、器材を揃えないとならないので、ちょっとハードルが高い気もしますが、器材が有れば作れます。

 

ご興味の有る方は、作ってみて下さい。

パニーニのように具材を挟んで食べても美味しいです。

材料

国産小麦   400g

塩       7.2g

オリーブオイル  20g

酵母生種     24g

水       256g

 

作り方 


国産小麦と天然酵母で作るチャパッタ

 

チャパッタを家庭で作る時には、

回転数の早いニーダーを使う必要が有ります。

水分量が多いので、回転数が早くないとまとまりません。

1. 材料をすべてニーダーに入れて 混ぜます。

(使用する水の温度は 氷を使い0℃に近くします。)

初めに低速で、粉に水分を十分含ませ、

その後高速をかけます。 機種にもよりますが、

5分程かけます。

 

2. 生地の状態を見て、薄く生地が繋がる迄、捏ねます。

生地が上手に繋がりましたら、容器に取り、

生地の捏ね上げ温度を計ります。

3. 温度が25~28℃くらいでしたらそのままで

それ以上高ければ、冷蔵庫で冷やします。

4. 保冷温庫を28度に設定します。

5. 12時間以上かけて発酵させます。

6. 生地の上面に変化が出て来ましたら、

容器から出して、分割をします。

7. 生地がとても柔らかく、ベトベトと手に付きます。

手粉を十分に使い、上手く生地の分割をして下さい。

8. 80gに分割した生地を四方から折りたたんで、細長い形にします。

そして、生地の奇麗な面を上にして、ベンチタイムを30分程取ります。

(この時間は、温度により異なります。)

9. 指に粉を付けながら、生地を伸ばしていきます。

8㎝×12㎝くらいの大きさに伸ばします。

10. 天板に間隔をとって載せます。

11. 最終発酵させます。35℃50分~60分。

12 スプレーをたっぷりかけてオーブンに入れます。

家庭用のオーブンの温度を最高にしてください。

20分程焼き色を見ながら焼きます。

オーブンによって随分違いが有ります。

出来ればオーブンメーターを使いオーブンの庫内温度を計ってください。

13. 状態を見て焼き上がりです。

f:id:tsunagiki:20200829082048j:plain

食べ方

 焼き上がり直ぐの時はそのままで食べても美味しいです。

 冷めましたら、一日くらいはそのままで食べられます。

 次の日以降は、トーストをしてオリーブオイル等お好みの物をつけて食べる。

●冷凍耐性が良いので家庭の冷凍庫でも1か月程冷凍出来ます。

 自然解凍で時間もかからず便利です。

 

 

国内産小麦と天然酵母でバターたっぷりの食パンを作ります

食パンのつくり方はとても沢山有ります。

今回はその中でも食べやすく食事に適したパンで、バターたっぷりの食パンを作ります

レシピ

国産小麦    400g

塩          6g

ラニュー糖     8g

バター         40g

酵母生種        24g

水           208g

 

作り方 


国産小麦と天然酵母で作るバターの食パン

  

1.バター以外の物をニーダーに入れて捏ねます

2. 生地が繋がってきたらバターを入れ、

再び生地が奇麗に繋がる迄捏ねます。

3. 生地をケースに入れて捏ね上げ温度を計り

一次発酵させます。

この時に温度が30℃以上になったら30℃以下まで

温度を下げてから発酵させると良いです。

28℃の所で少なくても12時間以上の発酵をとってください

4. 上面に変化が出ましたら終了。

5. 容器から出し分割成形をします。

食型に応じて生地重量を決めます。

生地を軽く丸めて、細長くして麺棒でのします

のした生地を丸め閉じ目を下にして、

食型に入れます。

6. 最終発酵させます。

35℃で湿度80%約90分~120分

生地が膨らんできます。

7. 180℃~190℃で35分~40分焼きます

色合いを見て終了。