パン作りで食の大切さと健康を考えるブログ

ホシノ天然酵母と国産小麦のパン作りをとおして食の大切さと元気に生きる為の知恵。得得情報。など。

大麦粉(バゲットヌーボ)入り讃岐うどん

大麦粉(バゲットヌーボ)入り讃岐うどん

 

 

f:id:tsunagiki:20210311220202j:plain

讃岐うどんを久々に作ってみました。

発酵が無いのでパンより簡単にどなたでも出来ます。

作る時間を確保していただけると、本当に美味しいうどんが食べられます。

 

材料を正確に計り、(水分量などきちっと計ります)作り方を真似すれば出来ます。

今回は大麦粉(バゲットヌーボ)を入れますので少々普通の分量より水分が多めになります。

小麦粉はナンブ小麦を使います。

 

ナンブ小麦はパンにしても良い味ですが、うどんにすると本当に美味しいです。

 

30年も前の話になりますが、琴平(讃岐)に行って「一番美味しいうどんやさんです。」と紹介されたところが、ナンブ小麦を使っていました。

 

それでは作っていきます。

材料(二人前)

ナンブ小麦   180g

バゲットヌーボ  20g

自然塩     11.5g

水       106g

 

作り方

1.ボールに水を計ります。

2.その水の中に計った塩を入れます。

3.塩が解けるまで良くかき混ぜます。

4.大きめのボール(直径35㎝程)に小麦粉と大麦粉を計り入れます。

5.小麦粉と大麦粉をよく混ぜ合わせます。

6.ボールの中で粉をなるべく平らに広く伸ばします。

7.伸ばした粉に真ん中から渦巻き状の線を指で入れていきます。

8.線に沿って、3を少しずつ垂らすように入れていきます。

9.両手で素早くかき混ぜます。素早い作業をして下さい。

しばらく混ぜます。

10.粉がだまになって固まってきます。塊が大きくなってきましたら、

押し付けて、一つにまとめます。力を入れて押し付けるようにして

まとめます。

11.まとまった物を丸く平たくして、少し丈夫なビニール袋に

入れます。

12.それを紙を敷いた床の上に置き、足で踏んでいきます。

回りながら何度も踏みます。15分程踏みます。

13.それを常温で起きます。私は次の日の朝まで置きました。

ここの時間は2~3時間置けば良いと書いてある本も有りますが、

私 が習ったのは翌日まで置く方法です。

生地がしっかりしてきます。

14.生地を出して、麺棒で伸ばします。少ない生地なのでやり易いです。

15.3㎜程の厚さに伸ばします。なるべく長方形に伸ばした方が後で

やり易いです。

16.何度も麺棒をかけて3㎜程の厚みにして下さい。

生地が少ないので、割合時間がかからずに出来ると思います。

17.その生地を切りやすい大きさにたたみます。(アコーディオン

のようなたたみ方をして下さい。

18.端から5㎜程の感覚で切っていきます。打ち粉を十分に使って

ください。

19.切り終わりましたら、大きな鍋にお湯を沸騰させその中に麺を

ほぐしながら、入れていきます。

20.15分程茹で、氷水に取り冷やし、ざるにあけます。

21.讃岐うどんの出来上がりです。 すぐに食べてください。

たれはあらかじめ作って置きます。

 

 

 

 

 

国産小麦とホシノ天然酵母でバゲットヌーボー入りの生地にトウモロコシを入れたパン作りの方法です。

国産小麦とホシノ天然酵母バゲットヌーボー入りの生地にトウモロコシを入れたパン作りの方法です。

 

トウモロコシの効用

トウモロコシは三大穀類で主食にしている民族も多いです。エネルギー補給や疲労回復効果が有ります。

 

f:id:tsunagiki:20210123110839j:plain

 

材料  

国産小麦   80      480g

大麦       20     120g

塩         1.5              9g

酵母生種     6       36g

オリーブオイル   8                   48g

トウモロコシ   20     120g

水      58        348g

 

作り方


国産小麦とホシノ天然酵母でバゲットヌーボー入りの生地にトウモロコシを入れたパン作りの方法です。

材料をボールに入れて混ぜ合わせる。

トウモロコシは少し後で入れる。

トウモロコシに水分が多いので少し混ぜ合わせるのに時間がかかる。 

まとまってきたら、固めて外に出し、転がしていく。

     

トウモロコシで、生地は少し柔かめです。

30分程転がし生地の繋がりを確認して終了

容器に入れて捏ね上げ温度を計り一次発酵させる

捏ね上げ温度を20℃に近づけて発酵させる。

 

12時間から14時間ほどの所で、上面と側面の発酵状態を観察して終了する。

生地を容器から出し、分割する。 食パンの方は130gを8つ取る。

軽く丸め麺棒で伸ばし、巻き込んで閉じ目を下にして一つの食型に4つ入れる。

 

残りの生地を70gに分割する。丸めて天板にのせる。

どちらも最終発酵にかける。 35℃で 丸は60分程。食型は90分程。

焼きは220℃で丸 18~20分

食パン 220℃で35分~40分 焼き色を見て

大麦粉【バゲットヌーボー】を使ったパン

大麦粉【バゲットヌーボー】を使ったパン

f:id:tsunagiki:20201210105753j:plain

大麦粉は水溶性の植物繊維を多く含み、腸の働きを助ける効果が有ります。

それにより、高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病などの成人病の改善に期待できます。

糖の吸収が穏やかなので、ダイエット効果も有ります。

様々な利点の有る大麦粉をパンにして摂取する事はこの上もまく望ましい事です。

では作り方を動画で説明していますのでご覧ください。

今回は、一般的な食パンのレシピです。穏やかな味でと手も食べやすいです。


国産小麦とホシノ天然酵母で【バゲットヌーボー】のパン作りについて

是非作ってみて下さい。

国産小麦とホシノ天然酵母で労麺法の食パンを作る方法

国産小麦とホシノ天然酵母で労麺法の食パンを作る方法

 

今回は労麺法という作り方です。この作り方で作るとパンの日持ちが良く、老化が遅いのです。

 

元種を作って、新しい小麦と混ぜ合わせます。

混ぜ合わせる時にはもう酵母は入れないので、とても酵母の節約になります。

 

少しこの作り方にはまっています。 

 

作り方は動画をご覧ください。


国産小麦とホシノ天然酵母で労麺法の食パンを作る方法

無塩パン 全粒粉細粒100%のパンを作ってみよう

無塩パン 全粒粉細粒100%のパンを作ってみよう

f:id:tsunagiki:20201024102911j:plain

 

このパンは健康志向の方に人気が有ります。

癌の食事療法等に使われています。 

植物繊維とミネラルが多く カロリーが少ないため、糖の吸収も遅く体に優しいパンになります。

 

作り方も、そう難しくは有りません。材料は粉と酵母と水だけですからー。

 

 


国産小麦とホシノ天然酵母で、全粒粉細粒100%の無塩パンー2

 

材料

ナンブ全粒粉細粒    400g

酵母生種         24g

 

水           208g

 

作り方 

すべての材料をボールに入れてまとめていく

固めた生地を球状にして、転がしていく

30分程転がすと生地が柔らかくなり、繋がっていく。

表面が奇麗になり生地が繋がったら、容器に入れ一次発酵させる。

生地温度を低くした方が、美味しい味になります。

時間も12時間以上発酵させると良いです。

少し硬めですが、2倍くらいになります。

ここで容器から出して、成形します。

形はどのような物でも良いのですが、一番扱いやすい

フランスパン風の形にします。

この生地を2等分するとちょうど良い大きさです。

成形後天板にのせ最終発酵させます。

30℃で50分~60分です。

発酵後は、生地に霧を吹きクープを入れます。

焼き上げは220℃で30分~40分焼いてください。

 

 

 

 

国産小麦とホシノ天然酵母で作る玉ねぎ入り白生地パン

白生地に玉ねぎを入れてみる

 

玉ねぎの旨味をパンに加えてみました。食べやすく、美味しいパンになります。

玉ねぎは、血液サラサラ効果が有り、心筋梗塞動脈硬化等の予防になります。

料理材料の基本ですからよく使われています。

熱を加えると独特の旨味が出てきます。

パンに入れてもその旨味は変わらずです。

毎日食べたいのでパンと共に食べられると、とても楽です。

 

レシピ (ワンローフ食型2本分)

国産小麦粉    500g

玉ねぎ      200g

塩         7.5g

酵母生種     30g

水        260g

 

作り方


国内産小麦と天然酵母で作る、玉ねぎ入り白生地パンの作り方

 

 

1. 玉ねぎを薄切りにして炒め、少し冷まして小麦粉をふっておきます。

2. 玉ねぎ以外の物をニーダーに入れて回していきます。

3. 生地が繋がったら生地をいったん出して、玉ねぎをニーダーに入れて

そこに生地をちぎって入れていきます。

4. 玉ねぎと生地が混ざったら終了。

5. 生地温度を計り、一次発酵させます。

26℃で16時間ほど、生地の上面に変化が出ましたら終了。

6. 生地を容器から出して、2等分します。生地が柔らかく扱いずらい場合は

手粉を十分に使い、作業を進めていきます。

7. 生地を軽く丸めて、細長くし、麺棒でのします。

のした生地を巻いた成形にして、食型に入れます。

8. 最終発酵を30℃で90~100分させます。

9. 食型の上面より少し下あたりまでの発酵で焼きに入ります。

10. 220℃で35~40分焼きます。 色を見て出してください。

11. 焼き上がりスライスした状態です。

f:id:tsunagiki:20201003142251j:plain