パン作りで食の大切さと健康を考えるブログ

ホシノ天然酵母と国産小麦のパン作りをとおして食の大切さと元気に生きる為の知恵。得得情報。など。

大麦粉(バゲットヌーボ)入り讃岐うどん

大麦粉(バゲットヌーボ)入り讃岐うどん

 

 

f:id:tsunagiki:20210311220202j:plain

讃岐うどんを久々に作ってみました。

発酵が無いのでパンより簡単にどなたでも出来ます。

作る時間を確保していただけると、本当に美味しいうどんが食べられます。

 

材料を正確に計り、(水分量などきちっと計ります)作り方を真似すれば出来ます。

今回は大麦粉(バゲットヌーボ)を入れますので少々普通の分量より水分が多めになります。

小麦粉はナンブ小麦を使います。

 

ナンブ小麦はパンにしても良い味ですが、うどんにすると本当に美味しいです。

 

30年も前の話になりますが、琴平(讃岐)に行って「一番美味しいうどんやさんです。」と紹介されたところが、ナンブ小麦を使っていました。

 

それでは作っていきます。

材料(二人前)

ナンブ小麦   180g

バゲットヌーボ  20g

自然塩     11.5g

水       106g

 

作り方

1.ボールに水を計ります。

2.その水の中に計った塩を入れます。

3.塩が解けるまで良くかき混ぜます。

4.大きめのボール(直径35㎝程)に小麦粉と大麦粉を計り入れます。

5.小麦粉と大麦粉をよく混ぜ合わせます。

6.ボールの中で粉をなるべく平らに広く伸ばします。

7.伸ばした粉に真ん中から渦巻き状の線を指で入れていきます。

8.線に沿って、3を少しずつ垂らすように入れていきます。

9.両手で素早くかき混ぜます。素早い作業をして下さい。

しばらく混ぜます。

10.粉がだまになって固まってきます。塊が大きくなってきましたら、

押し付けて、一つにまとめます。力を入れて押し付けるようにして

まとめます。

11.まとまった物を丸く平たくして、少し丈夫なビニール袋に

入れます。

12.それを紙を敷いた床の上に置き、足で踏んでいきます。

回りながら何度も踏みます。15分程踏みます。

13.それを常温で起きます。私は次の日の朝まで置きました。

ここの時間は2~3時間置けば良いと書いてある本も有りますが、

私 が習ったのは翌日まで置く方法です。

生地がしっかりしてきます。

14.生地を出して、麺棒で伸ばします。少ない生地なのでやり易いです。

15.3㎜程の厚さに伸ばします。なるべく長方形に伸ばした方が後で

やり易いです。

16.何度も麺棒をかけて3㎜程の厚みにして下さい。

生地が少ないので、割合時間がかからずに出来ると思います。

17.その生地を切りやすい大きさにたたみます。(アコーディオン

のようなたたみ方をして下さい。

18.端から5㎜程の感覚で切っていきます。打ち粉を十分に使って

ください。

19.切り終わりましたら、大きな鍋にお湯を沸騰させその中に麺を

ほぐしながら、入れていきます。

20.15分程茹で、氷水に取り冷やし、ざるにあけます。

21.讃岐うどんの出来上がりです。 すぐに食べてください。

たれはあらかじめ作って置きます。