パン作りで食の大切さと健康を考えるブログ

ホシノ天然酵母と国産小麦のパン作りをとおして食の大切さと元気に生きる為の知恵。得得情報。など。

女性の髪が薄くならないために実行する、若い時からの4つの方法。

髪が薄くならないために実行する、若い時からの4つの方法。

 

f:id:tsunagiki:20200303103245p:plain

近頃髪が薄くなってきた!

1 シャンプーについて

髪を洗う回数は、時代によって随分と違います。

かなり以前 私の母親の年代(明治生まれ)では若い時に 日本髪を結っていた経験

が有ります。

その時代は、月に1回洗うかどうかの頻度でした。

 

次の世代では 週に一回ほどの洗髪になってきました。

それから今の時代では、ほどんどの方が毎日の洗髪になっています。

 

ちょっと前までは、朝シャンが流行り その当時は、一日に2度洗う人たちも

珍しくなかったと思います。

 

そのように洗髪も時代と共に洗う頻度がかなり違ってきています。

 

専門家に聞くと髪を洗うというよりも、頭皮を洗う事が大切との事です。

髪の健康のためには、それ程頻繁に洗う必要も有りません。

必ずしも毎日洗わなくても大丈夫です。

 

頭皮も皮膚と同じなので それ程頻繁に洗う必要がないそうです。

髪の正常な健康のためには。(これを保つのが薄毛にならない方法

 

2シャンプーについて

シャンプーですが、本当に何を選んだらよいのやら、全く困ったほどに

テレビコマーシャルがあり、ドラッグストアに行っても、種類が多く、

価格もかなり違い、分かりません。

 

それぞれの特徴が有りますが、説明を読んでも分かりません。

ある皮膚科医によると、シャンプーの選び方次第で髪に対する

影響の違いがかなりあるそうです。

 

現在市販されているシャンプーには多くの化学物質が含まれています。

それらを常時使っていると、頭皮にはよくありません。

いつも同じシャンプーを使わない事です。

 

同じ成分がいつも同じように頭皮に影響するからです。

一番良いのは、シャンプーをなるべく使わずに、お湯だけで洗う事

 

今ちょっと一部の人達には流行っていますが、いわゆる【湯シャン】です。

これを始めると 初めの方はとても状態が良くありません。

しかし1か月頑張ると、状態が良くなり余り気になりません。

 

ただ若く 新陳代謝が激しい時には、無理な人もいます。

そんな方たちは、一週間に一度少しシャンプーを使いながら慣らしていくと良いかもしれないです。

 

3ブラッシング

髪をよくブラッシングすることもとても大切です。

昔 髪を頻繁に洗わない時代、 『すきくし』と言うとても櫛の目が細かい櫛が有りました。

今は余り見かけませんが、それで髪をとかすのです。

髪がもつれていると とてもとかすのに手間がかかります。

でも ほこりやごみがとてもよく取れます。

 

しかし パーマをかけているとちょっと大変で無理かもしれません。

ブラッシングを良いブラシを使い頻繁にすると良いです。頭皮の刺激にもなります。

 

4若い時から食べ物に気を配る。

身体を健康に保つ一番の基本です。 髪も例外では有りません。

基本の食べ物をしっかり摂取して栄養を髪迄届かしてください。

貧血だったり、血の巡りが悪いと髪に栄養が届かずに、髪の薄くなる原因ともなります。

 

現代は女性の方も仕事を抱え、過酷な状態で生活をしています。以前より、薄毛の方が増えています。

 

若い時からの生活が自分の髪を守ります。 地味な習慣が自分の髪を守ります。

大変でしょうが、地味にやってみてください。

            未来の自分のために。

 

f:id:tsunagiki:20200303103359j:plain

豊富な髪は自慢