パン作りで食の大切さと健康を考えるブログ

ホシノ天然酵母と国産小麦のパン作りをとおして食の大切さと元気に生きる為の知恵。得得情報。など。

歯医者に行って考えた事。 歯の寿命はどのくらいなのか?

 

 

歯の寿命を考える。

歯医者は苦手で、行きたくない。(ほとんどの人がそうです。) 

でも歯はとても大事なので自分で気を付けていなければならない。

そんなこんなで 歯医者に行った。

そして色々考えた、歯の事について。

f:id:tsunagiki:20200409184329j:plain

 

硬いパンばかっ好きで食べていたが、

最近少し柔らかい方が食べやすくなってきたのです。

多分自分の歯に変化が出てきたのでしょう。

歯科医に言わせると、 「歯そのものではなく、歯茎が腫れているので

そこから来るのです。」と言われてしまった。

しっかり歯を磨き歯茎の手入れをしないといけないようです。

日々の手入れにかかっているようです。

 

自分の歯をなるべく抜かないで持たせる方法。

母親は82歳でこの世を去りました。それまで歯はすべて自分の歯でした。

私は当時それが普通だと思っていたのです。

 

母の親戚に歯科医が居て その人から 【歯は絶対に抜いてはいけない】と言われたそうです。

 

ずいぶん昔の事です。そんな昔の歯科医がそのような事を言っていたのです。

でもまた、最近もそのように 【歯はなるべく抜かない方が良い】と言われるようになりました。

 

でも少し前までは、直ぐに抜いて入れ歯を作る人が多かったように思います。

姑も総入れ歯でした。 総入れ歯の人が多かったです。

 

入れ歯になると、食べる楽しみが少し減ります。食べ物の味の伝わり方が違ってきます。

 

 

一般的に歯はどのくらい持つのか

どの位置の歯かにもよりますが、寿命は50年~60年です。

すると60歳以上の方は殆どが入れ歯が何本か有る事になります。

一般に70歳の人は自分の歯が15本くらいが平均です。

これは驚きでした。

もう少し 歯の数が多いと思っていました。

しかしこの数が統計に表れた現実です。

 

歯の寿命を長くするために何をしたらよいのか

毎日のこまめなブラッシングは一番大切です。

若い時からなるべく 硬めの物を食べて、歯を丈夫にしておく事も大切です。

自分の生まれ持った歯並びが悪く嚙み合わせが悪いと、

歯を早くなくす原因になります。

 

小さい時に 歯並びを直すのも大切な事です。

生まれつきの歯並びを直すのは時間もかかり費用もかかります

でもその人の一生を考えると、歯の矯正は行った方が良いです。

私の娘も3年程かけて行いました。

f:id:tsunagiki:20200409184448j:plain

 

その他 食生活が非常に大事です

食生活に気を付けることは人間の生きていくための基本です。

すべてのおおもとですから、その方の寿命に関わってきます。

 

歯を大切にして、一生を自分の歯で過ごせるようにしたいですね。